海外口座でFXを行うメリットとデメリット

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。デイトレード等を行い通貨間の差益から収益を出します。FXと聞くと、危ない、借金を負う可能性があると思う方が多くいらっしゃいます。しかし、資金管理を行えば借金を負う可能性は低くできますし、今回紹介する海外口座でのFXであれば借金を負うことは決してありません。これについて詳しく紹介します。国内口座と海外口座でFXをすることの違いは様々です。
スマホをいじる女性

 

今回は海外口座のメリット、デメリットについて紹介します。まずは、海外口座はゼロカットという制度をとっています。国内口座の場合、自分の所有額以上の損失をかかえると追加証拠金が必要になり、いわゆる借金の状態になってしまいます。

 

しかし、海外口座であればどれほどの損失を抱えようが、ゼロカットとなり損失分の補填は必要ありません。このことから借金を抱えることもないのです。続いてはレバレッジについてです。FXでは、レバレッジというものを用いて資金を運用します。国内口座であれば25倍と決められていますが、海外口座では決められていません。なので、中には800倍というレバレッジをかけれるFX会社もあります。唯一の欠点としては、レバレッジが大きい分利益を生み出しやすいですが、一方損失も大きくなりやすいため、ゼロカットされやすくなってしまいます。

 

これが海外口座のデメリットです。資金管理をしっかりと行うように心がけましょ。以上、海外口座のメリットとデメリットについてでした。

安易に選択すべきではない

海外FXはハイレバレッジで取引が行えるので非常に魅力的に見えますが、だからと言って安易に海外FX業者を選択してしまう事は賢明ではありません。これらの業者は拠点が海外にあり、その拠点にしている国の法律に則って営業を行っているので、場合によっては倒産などが起こっても資金を回収することが出来ない可能性もあるので注意が必要です。

 

他にも注意すべき点は様々ありますが、最も注意すべき点を挙げるならば投資資金や証拠金の安全性の高さに注目するべきです。FX業者は、国内外問わず頻繁に倒産したり買収されたりします。

 

この様な場合、日本では信託保全が義務化されているので利用している業者が倒産してしまっても証拠金は手元に戻ってきます。

 

しかし、海外のFX業者の場合、信託保全が義務化されている国は多くないので証拠金を失う事もあります。また、海外でFX業者を営業する時には何らかの認可が必要なわけではないので、業者によっては非常に危険となります。ただ、全ての海外FX業者危険ではないので、以上に挙げた安全性などに注意して選択する事をお勧めします。

海外FX業者はマイナンバーの提出が義務付けられてないのがいいところ

日本のFX会社に口座を作るときには、マイナンバーの提出が必要となってしまいました。せっかくFXに挑戦しようと思ったのに、マイナンバーの提出なんかしたくないから諦めようと思っている人も多いと思います。海外FXなら、口座を作るときにマイナンバーが必要ないのでうれしいです。

 

レバレッジ

でも、日本の会社と比べてどんなところが違うのかを調べてみました。レバレッジの制限がなく、少額から始められるということや、日本語でサポートをしてくれるので安心感があるということなどがわかりました。1万円から始めて、うまくいけば1千万にすることも可能なのが海外FXです。

 

1万円なら、たとえ失敗したとしても諦めがつく金額です。一生懸命FXについて勉強をしてから挑戦すれば、本業よりもお金を儲けることができるようになるかもしれません。

 

海外FXを選ぶときに気をつけることは、資産保全をしっかりと行っているかをチェックすることです。
預けたお金をしっかりと管理してくれるところなら安心です。

 

注目海外業者選びとマイナンバーの関係性

 

海外FXのデメリット

日本でレバレッジ規制がかかってからというもの、ハイレバレッジを売りにする海外のFX業者が人気を博している。少ない元手で大きく勝負することができるので、一見メリットだらけに見えるが、意外なところに思わぬ落とし穴も存在している。

 

まずスプレッドであるが、残念ながらスプレッドに関しては今のところ国内業者の方が遙かに安いのが現状である。これは非常に大きな問題で、スキャルピングなどで細かいpipsを取っていくようなスタンスのトレーダーはトレードの回数が増えていくに従って大きなハンデを背負うことになってしまう。
FXをする女性
気休めではあるがキャッシュバックサイトなどを利用すれば実質ある程度の経費削減を行うことができる。

 

しかし、それでもこのハンデは大きい。現状はスキャルピングをメインのストラテジーにしているトレーダーは国内業者を使用したほうが賢明である。

 

次に海外業者の特徴として、パナマ文書などで話題になったタックスヘイヴンの国に籍を置くペーパーカンパニーが非常に多い。

 

日本の金融庁に許可を取らずに運営している実質無法状態の会社も多く存在するので、利用する際にを事前にしっかりと情報取集をすることをお勧めする。

FXしている旦那

我が家では旦那がFXをしています。

 

きっかけはこどもが生まれたのを機に学資保険の加入の検討をした時でした。学資保険に加入したかった私とは反対に旦那は20年近く払ってわずかな利息しか付かないことが納得いかないようで、それならその金額分自分に預けてくれたら学資保険の利息以上に増やして返すから自分に運用させてくれというものでした。旦那はFXを以前からしており順調のようだったのでちょろいという旦那の言葉を信じ預けることにしました。

 

当初は順調にいっていたようでしたが、そのうち含み損が大きくなってその都度喧嘩になりました。

 

旦那いわく長期的に考えろとのこと。FXを個人でして成功するのは難しいですね。あとお金が口座からなくなれば強制的に終了ですが、旦那はそうはならないように設定して行っているようなのでこのまま、口座からお金がじわじわと高額な手数料と損でなくなっていきそうです。よく考えず旦那に預けた私も悪いですが、学資保険として預けたお金があてにならないので、その分また別に確保していくしかなさそうです。